最悪というべきか・・・
よかったというべきか・・・
私は自分が処女だということが、とても嫌でした。
周りからおいてかれている気分だったし、友だち同士のスワッピングの話も、ただ聞いているだけでした。
クラスの半分くらいは、既に処女ではないんです。
それぞれ相手はさまざまでしたが・・

そこで私も、初体験をしたいと友人らに、誰か紹介してくれるように話していたんです。
そして紹介してもらった彼。なんか恥ずかしくてデートもぎこちなく終わろうとしていました。
そして突然初体験を迎えたのですが・・・
初めて入ったラブホにドキドキの私。
また彼もソワソワしていました。
ベッドに横になると、彼は上に乗ってきてキスしました。

緊張して体を固くしていると「ごめん、俺も初めてで何をどうしたらいいかわかんない」そういうのです。聞いていませんでした。彼が童貞なんてこと。
なんとなく愛撫の形にはなっているのですが、それがはたして気持がいいのかどうなのか・・
微妙な感覚でしたが、彼が一生懸命だったので私は彼に任せることにしたんです。そして結局挿入もうまくいきませんでした。
初めてのスワッピングは、失敗に終わってしまいましたが・・・
なんとなくの、流れはわかったような気がします。

関連記事