スワッピングのヘビーユーザーに近づいて来ると、自ずとお気に入りのチャットレディも1人2人と増えて来る事でしょう。
それでも相手とのオンラインタイムの不合致が続き、思うようにスワッピングが楽しめない事態もそれだけ増えて来るのが悔しいところです。
ですがチャットレディは可能な限り利用者のインする時間に合わせてくれますので、事前にメールなどを用いて予約を取り付けておけば、利用者の希望する時間のスワッピングはある程度可能となるのです。

これはチャットレディ側からしてもありがたい話であり、自分を気に入ってくれた利用者からの指名には出来る限り対応してくれますから、
男性側は遠慮する事無く、お気に入りの女性のお得意様となるようにコンタクトを取るべきなのです。
またスワッピングの中には「チップ機能」の利用が可能なサイトもあり、これは利用者がチャットレディにボタン操作で
「お小遣い=チップ」を贈呈出来るシステムであり、利用者は自身が持つポイントをチップとしてプレゼントする事で、
それを現金に換算してチャットレディの報酬と出来るのです。
男性の中には「お金(=チップ)で女性の気を引くのはどうかな?・・・」と否定的に考える人もいるかも知れませんが、チャットレディとしては嬉しいシステムには違いありませんので、積極的に利用すべきだと思います。

相手から喜んで貰えるのは気分が良いモノですし、彼女へのサプライズプレゼント的に捉えて活用すると良いでしょう。
特定のチャットレディの常連となり、更にスワッピングを重ねて行く中、次第に「客と従業員」という立ち位置を意識する事も薄まって行き、
予期せぬ話を女性から持ち出される可能性もゼロとは言えないみたいです。
あるいは男性利用者が悩み相談を女性に持ち掛けるケースも多々見られる様であり、
この辺りは「常連」という近い距離感が生み出す、バーチャルという環境を超えた人間関係故の会話だと捉える事も出来るのです。

関連記事