少し前まで、日本人女性というのは、貞操概念がとても強く、割り切ってセックスをするなんてありえないと考えていたものです。
ですが、現在は、貞操概念がとても低い女性が多くなってきていて、セフレの関係に抵抗を感じない人も増えていっているのです。
しかし、男性側のルックスが良かったり、社会的にステータスがなければ、セフレになってくれないのではないかと諦めている男性は多いのではないでしょうか?

実際のところ、不細工な男性でもセフレを作っている人はいますし、社会的ステータスが高くない人だっています。
ある程度は男性のルックスを求める女性もいますが、最終的にセフレになるか判断する基準は相性となります。
時際に会ってみて、その男性を見たり、試しにセックスをしてみて、性癖や体の相性がいいかを確かめてから、今後もセックスをするかどうかを決めるケースがとても多いです。
つまり、いくら社会的ステータスが高かったり、ルックスが良いとしても、相性が悪いと判断されたらセフレになることはできないという事です。

ですから、ある程度の期間はセフレとしてキープしておきたいのでしたら、女性に相性がいいと思われるように念入りにセックスをしましょう。
セックスの相性がとてもいいと思ってもらえれば、今度も性欲が溜まった時に会ってセックスしようと思ってもらえるようになります。
ただ、ある程度は、実際に会う前に、お互いにどんな性癖を持っているのかは確認しておいたほうがいいでしょう。
そうしなくては、どちらかが許容できないような性癖を持っていた場合、実際に会っても苦痛しか感じなくなってしまうものです。

関連記事