セックスフレンドを設けるには2つのタイプの設け方が存在しますが、一つは出会い系のウェブサイト等の専門セフレサイトでセックスフレンドを見つけ出す手段と、あと一つは、面識のある友人をセックスフレンドにする手段のこの2つのタイプの手段です。
しかし!そういった中、セックスフレンドにしたいと考える対象で断然トップになった対象が、前の彼女でした。
新たな彼女が出来ても、性行為の肌合いがマッチした前の彼女との性行為が記憶に残っていて、前の彼女ともう一回エッチしたい…そう考えるセフレと付き合いたい 男の人は非常に沢山いるため、ここでは前の彼女をセックスフレンドにする手段を特別に解説していきましょう♪
※前の彼女をセックスフレンドにする事が可能!

恋人からセックスフレンドの間柄になりたいと考えても、離別する話の最中にセックスフレンドの話を持ち掛けるのは間違いなく女の人に敬遠されてしまい、自分本位な人!と憤りすらも沸き起こってしまうため、明らかにダメ。
それでは、いつセックスフレンドになってもらいたいと持ち掛けるのかというと、離別してから一週間程度してコンタクトを取るのが最適であるため、丁度一週間程度の間隔が、女の人も離別した事の状況に打ちひしがれているか、あるいは乗り越えようとしている時なので、それを上回ってしまうと時機を逸してしまい、セックスフレンドにする時機すらも無くしてしまうのです。
やはり記憶に残っているので一回食事にでも行かない?

そのようなアプローチの台詞でも口にすれば、女の人もある程度はそういった感情が存在するため、少し会う程度なら構わないか…と考える筈だし、それに会って再度自分の感情も確認してみたい、という欲求も抱いているのです。
食事に赴き、そのままの成り行きで性行為を行う、そうなると双方の性行為の肌合いをもう一度チェックする事が可能なため、前の彼女を体で結び付ける事ができ、そのような振る舞いを何回か繰り返して、一ヶ月程度経過した時にセックスフレンドとしての申し出を行なってみると良いでしょう。

実際に性行為の肌合いはマッチしてるし、セックスフレンドでも構わないかも、と女の人も考え始める頃なので、時機の見当をつけて、セックスフレンドとしてlineを利用して付き合いを開始したい事を告げるのが要点です。
あなたが前の彼女が記憶に残っているのは、間違いなく前の彼女本人に好意を抱いているためですか?
ひょっとすると前の彼女本人ではなく、前の彼女との性行為が記憶に残っている可能性があります。
再度自分の感情を確認し、結果によっては前述の手段を利用して、前の彼女と新たな付き合いの形を構築するのも良いでしょう。

関連記事