ノンアダルト系ライブチャットのメインは異性間のお喋りをエンジョイする事ですので、当然その場を的確に盛り上げるトーク術が有る程度要求されます。
とりわけ口下手な男性の場合、どうしても言葉が出ずに受け身となりがちで、結局何も話せないまま時間だけが過ぎて行く・・・そんな事も少なくありません。
緊張感をどうしても拭えないのであれば、複数の参加者が集うパーティーチャットの一員として顔を出してみると良いかも知れません。

他の人達が盛り上げてくれる雰囲気に押される形で、意外と自然に話せる事もあるようです。
対してあくまで女性とマンツーマンで腰を据えてお喋りしたいのであれば、やはりツーショットチャットが適しています。
ツーショットのらいぶちゃっとっておかねがかかるの?
利用料金はパーティーチャットより幾分割高となりますが、気に入った女の子との恋人気分の時間を過ごせるサービスですから十分価値はあります。
ですから最初はパーティーチャットに参加して雰囲気を掴みながらタイプの女性と遭遇するのを待ち、お眼鏡に叶った女性が現れたなら、そこからツーショットチャットに誘ってみるのも効率的です。

また会話に窮すれば相手の趣味関連の質問を投げ掛けるのが基本的なテクニックですので、これも知っておきましょう。
ですがアナタからの質問一辺倒になるのも問題ですので、身近などんな話題でも構いませんから積極的に話し掛ける姿勢を心掛けて下さい。
チャットレディは男性利用者の話の「良き聞き役」に回ってくれますから、何でも構わないので思いついた事を話しかけましょう。

とりわけ出会い系ツーショットチャットでは、男性側が会話の主導権を握るのがベストだとされていますので、とにかく相手の女性を褒めまくり、ジョークで笑いを誘い、更にはチャット前の段階から事前に話題を振って伝えておくなど、チャットタイムが少しでも有意義になる下準備と努力を怠らない事が求められるのです。
そして今更の話ですが、出会い系に於いて最初から「会いたい」と打診するのは厳禁です。
会話を重ねる流れの中、あくまで自然な流れでそちら方向に持ち込むべきである事を、しっかり自己確認しておきましょう。

関連記事