上手く話しを進めていくためには会話のやり取りが出来ているかどうかということを確認していきましょう。
ついつい会話に夢中になっていってしまうと自分ばかりが話し込んでしまっていたり、相手ばかりをしゃべらせてしまっているような事態になってしまうことがあるようです。
これでは一緒になって会話を楽しんでいるとは言えません。

会話とはお互いに話していくことができてこそ会話と言うことができるのです。
それに相槌をするばかりでは会話として成り立っているとは言えません。
相手の話しをきちんと把握していくことができれば良い意見を口にしていくことができるようになりますよね。
「あぁ、そう…」といった一言だけの会話だけでは次第に話すことがなくなっていってしまうでしょう。
それではお互いに寂しい気持ちになってしまいます。

楽しい会話をするためにも、自分もきちんと話しつつ相手の話しにもきちんと耳を傾けていく必要があります。
お互いに口を開き、意見をいい合っていくことによってはじめて会話という名のコミュニケーションをおこなっていくことができるようになっていくのです。
相手とつながれたという幸せを大切にするために自ら口を開いていきましょう。

関連記事