神待ちがここ数年、頻繁に話題になっています。
各メディアのニュースに注目している人であれば、どこかで耳にした記憶をお持ちだと思います。
このプチ家出、読んで字の如しの行動を指す言葉ですが、つまりは「短期間家出する事」なのです。
家出という行為が問題となる以上、家出する当事者は自ずと若年層であり、未成年の男女が一定期間家に帰らず、
親が関知しないどこかに宿泊して数日間を過ごす行為・・・これが「プチ家出」と表現されているのです。
そしてプチ家出と密接な関係と言われているのがインターネットの存在であり、
インターネット上に若年層のプチ家出を煽るようなサイトが見られているのが問題視されているのです。
また最近でこそ未成年者の宿泊が禁止となっていますが、インターネットカフェなどでは安価で宿泊が可能ですので、
これも神待ちに際して大いに活用される環境となっているのも、プチ家出の増加の要因の1つでしょう。
家出する以上宿泊場所が必要であり、それが簡単に確保出来る昨今の環境もまた、
神待ちを利用する女性増加に拍車を掛けていると推察されているのです。
今後も当面、この状況は変化を見せないかと思われますが、親としては我が子が安易にこうした行動に及ばぬ様、
親子間、家族間のコミュニケーションを怠らない姿勢に努めるべきでしょう。

関連記事