「神待ちサイト」の存在についてご存知の人も多いと思います。そして、この手のサイトに興味があるという人も、男女ともに、そしていろいろな年齢層で、けっこうたくさんいるのではないかという気がします。
一般的に「神待ちサイト」というと、比較的若い年齢層の女性が、金銭的な援助をはじめとして、寝泊まりする場所や夕ご飯を提供してくれる人はいないかといった、急場しのぎのために利用するイメージが強いです。もちろん実際に、現在でもそういった女性がメインとなって神待ちサイトの掲示板にいろいろと書き込んでいるのは間違いありません。
しかし近年、そうした流れの中にあって、かなり異質なというか、逆向きの流れというか、ちょっと変わった動向がみられるようになってきているのです。それはどういうことかというと、実は、最近の神待ちサイトの掲示板には、そうした女の子ばかりではなく、「男性」の書き込みが非常に目立つようになってきているのです。
男だったら働いて稼げよ!と思うかもしれませんが、これはそういうことではありません。どういうことかというと、実は「困っている女の子はぼくが今夜泊めてあげるよ!」とか、「おいしいご飯を食べさせてあげる!好きなもの食べていいよ!」といった書き込みが男性によってなされているのです。
確かに、神待ちサイトは女の子よりもむしろ男性のほうが注目しているサイトという印象が強いのですが、まさか女の子のための掲示板にまで男性が書き込むというのは、かなりの想定外の事態であるといえるでしょう。まったく不思議な現象です。

関連記事