インタ−ネットを活用していわゆる「神待ち」と称される行為に及ぶ家出女性の年齢層は、やはり10〜20代の女性が大半であり、
30代以上になるとまずインタ−ネット上で神待ちに及ぶ事はありません。
そして10代の女性は手持ちの現金を少しでも節約すべく、神待ちサイトを神待ちの主な場所に選択利用する傾向が顕著です。
これが20代となるとネットカフェなどの利用が多く見られ、パソコンから神待ちサイトにアクセスして神待ちする姿も確認されています。
ですからアナタが神待ち女性との接点を持ちたいのであれば、最初は神待ちサイトを中心に動いてみる事をオススメします。
ですが注意点として、ここは10代の未成年者が多く集っているので、接触に際しては細心の注意を怠ってはならない事を踏まえておいて下さい。
相手が未成年の少女だと判明した場合は帰宅を促すにとどめ、実際の接触は回避した方が賢明です。
家出少女の行動展開の実例として、家出中に金銭に困って性風俗関連の仕事に就き、
結局それに耐えられず職場から逃げ出している最中の場合もあり、こうした厄介な状況下に結果アナタまで巻き添えとなってしまう場合も想定されます。
対して成人女性が相手の場合、双方が条件を提示しして合意の上、その範疇でのサポ−トを提供するならアリでしょう。
それでも援助交際に抵触する行為は違法ですから絶対に慎まねばなりません。
あるいはラブホでアナタがシャワ−を浴びている最中に財布の中身の現金を抜き取られて逃げ去られる、という事例も多々報告されています。
これは本当に家出して追い詰められた女性が、時に想定外の行動に及ぶ事を証明しているかと思われます。
「神待ち女性とは即ヤレる」的な無責任な文言がネット上に踊っていますが、それを鵜呑みに無警戒で近づいてしまうと、
結果とんでもない事態に引き摺り込まれてしまい兼ねないのです。

関連記事