今や、神待ちサイトでは多くの家出少女が書き込みをしているわけですが、そもそも家出をする女の子は昔よりも増えているのでしょうか。
家出少女自体は、大昔から存在していたでしょうし、神待ちサイトが登場する前から、家出をする女の子はたくさんいたでしょう。
ただ、具体的な統計がないので何とも言えませんが、恐らく昔よりも今の方が、家出をする女の子は増えているでしょう。
その理由としては、核家族化であったり、両親の共働きが普通になったのも、少なからず影響していると思います。
しかし、それ以上に大きいのは、やはりインターネットや携帯電話の普及だと思います。
携帯電話がまだ登場して間もない頃は、大人ですら携帯電話を持っていのはひと握りでした。
ほんの10年ぐらい前でも、高校生はあまり携帯電話は持っていなかったのです。
しかし今の時代は、高校生が携帯電話を持つのは当たり前になりましたし、むしろ中学生ですら持っている人の方が多いかもしれません。
携帯電話があれば、いろんなサイトを利用できたりしますし、当然ですが神待ちサイトを利用することもできるわけです。
したがって、たまたま神待ちサイトの存在を知ったり、あるいは友達に教えてもらったりして、興味本位で神待ちサイトを利用する女の子もたくさんいるのです。
また、家出をしようか悩んでいた女の子も、神待ちサイトがあれば簡単に家出ができると思い、家出を決意するわけです。
昔は、家出をしようと思ったら、それなりの覚悟が必要でしたから。
家出がやりやすい今の状況では、家出をする女の子が増えるのも、ある意味では必然なのかもしれません。

関連記事