仮に家出をしたとしても、大体の子はいずれは家出を辞めて家に帰ってくるものです。
彼女たちは生活基盤を持っていないのですから、家出をしても長く続けられるものではありません。
数日もすれば、家出をしていて頼る人が無くなってしまって、最終的に家に帰らざるを得なくなってしまうものです。
まだ、子どもですから、ホテルに何日も宿泊するだけのお金を持っているわけではありません。
ですから、家出サイトを利用するために、携帯電話は欠かせません。
その家出をする少女たちがどんどん集まっているため、家出サイトの数も増えていっています。
そして、その家出少女と会うために男性たちも集まっています。

背に腹は代えられないですから、家出少女たちもリスクを承知で、知らない男性と出会ってしまうのです。
その神待ちというのは、実際のところは呼び名が違っているだけで、中身は出会い系サイトと変わりありません。
さらに言えば、一般的な出会い系サイトよりも性質が悪いといえるでしょう。
神待ちで男性と出会って、女性側は家出の支援を、男性は体を求めているわけですから、援助交際と何ら変わりありません。

それを承知して運営をしているのですから、神待ちは売春のあっせんをしているようなものだといえるのではないでしょうか?
神待ちや家出サイトというのは、実際のところ、社会人の女性よりも未成年者のほうが多いです。
家出をしていて切羽詰っている女の子も多いのですが、中にはお金を稼ぐために売春をしようと利用している少女も多いのです。
男性としても、若い女の子と性的な楽しみを味わおうとしてるのですから、神待ちで出会った男性に体の関係を求められるのは覚悟しておかなくてはならないのです。

関連記事