男女が出会う機会を提供する場所には、援助交際の可能性が発生します。つまり最近流行中の援交サイトもその例外ではありません。むしろ、いろいろな援交サイトで規制がきつくなっている今、この手の援交サイトでは特に援助交際が放置されがちで、問題化しています。

<ゲームだけでは利用できない男たち>
今、ほとんどすべての援交サイトに登録している男たちは、間違いなく出会いを目当てにしています。ゲームをするだけでは満足できない…そんな問題のある男たちがかなり増えているようです。相応に対策も取られていますが、マッチングは防げません。なぜなら女性たちもまた援助交際目当てに登録することが多く、利害が一致しているからです。

<隠語を使ったやり取り>
運営側の対処としては、アドレスや出会いに繋がる書き込みをすべて禁則としているというものがあります。ある特定のキーワードを含むメールやメッセージは送信できないと言うわけです。しかし出会いの達人たちはそんなトラップも隠語などで軽くかわしていとも簡単に出会いに結び付けてしまうので、焼け石に水となっているような状態です。
一般的な出会いに用いるならまだしも、援助交際に使うのは言語道断です。そんな人を見つければ即通報すべきでしょう。

関連記事