援助交際サイトを登録する目的の一つに買春・援助交際や神待ちを望んでいる方はいらっしゃいませんでしょうか?
ここで二つの法律をご紹介します。
1 売春防止法
2 児童買春・児童ポルノ処罰法
当然ご存知と思います。
1について、売春防止法とは金銭に限らず地位や何かしらの対償を得る代わりに性交することをいいます。
買春をしたからといって、処罰はされないものの、あなたの社会的地位を脅かし、また警察にマークはされるでしょう。
2について、児童買春・児童ポルノ処罰法とは18歳に満たない者を児童、18歳以上の人間が彼ら彼女らを性交の相手となるように誘引する、もしくはお金と引き換えに性的なサービスを受けた場合、たとえ同意の上だとしても児童買春とみなされます。
もしその相手が13歳以下だった場合は強姦罪が適用されます。
児童買春に関しては五年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金となり、かなりの想い罪に問われるのです。
「JK、JCとこの前さ?」
などという体験談はネット上で頻繁に見受けられますが、これら全ては犯罪であり、許される行為ではありません。
他に、児童との売春を匂わす書き込み、メールなども処罰の対象になりますのでご注意ください。

関連記事