援助交際サイトとは?

家出掲示板は楽しいのか?

家出掲示板をしている人たちは、かなり楽しんで生きていると思います。
私も昔は実はその一人だったのですが、当時は金も腐るほど持っていたし、好きなものも買えて、いろいろと面倒なこともありましたが、なんとか楽しく生きてくることができました。
でもそれはやっぱり一時的なことだったなと思います。まあ、別に後悔しているわけではありませんが。

<若い頃はとても楽しい>
やはり若ければ若いほど高い金をもらうことができるので、その当時の家出掲示板は本当に最高でした。相手もかなり金持ちばかりで、一回のプレイで10万円貰うこともしばしばでした。
やっぱりそう言う金を持てば、今でも楽しいと思います。もし今10万円やるから恥ずかしいことをしろと言われたら、それがどんなプレイでもするでしょうね(笑)でも現実的に、もう20も過ぎて何のとりえもない私にそんな金をくれる人はいません。

<20を過ぎるときつくなる…>
私も21になってから、一度も家出掲示板はしていません。それは、まったく体が売れなくなったからです。本当に残酷なくらい市場価値が下がってしまって、最後は5000円でなげうりしている状態でした。だったらバイトでもした方がマシ、というものです。
まあもう過去の話ですけどね。今が楽しければ、家出掲示板もOKでしょう。

援助交際掲示板の助演とはだれか?

援助交際の主役とはやはりお金を払って女性を買う男性側ということになります。では助演とでも言うべき人は誰かというと、それはやはり女性側でしょう。

<助演はどこで探すのか?>
そして男性からすれば、条件とマッチングする女性を探すことも1つの大きな仕事となります。いったい援助交際に応じてくれる人たちをどこで探すのかといえば、それはやはり援助交際掲示板と言うことになります。外で見つけることも可能と言えば可能ですが、リスクが高めです。なるべく地道に探していった方が、あらゆる意味で安全と言えるでしょう。

<いくらくらいで買えるのか>
助演をいくらくらいで買うかということですが、それは時と場合によって様々です。一万円前後で買えることもあれば、三万円近い値段になることもあります。一般的に夏休みなどの長期休暇は彼女たちにしても稼ぎどきなので、単価を落として安く買ってもらおうと考えるようです。つまり、この時期にはかなり安くで援助交際を楽しむことが可能です。
みなさんも一度くらい、お金で女性を買うという刺激的な体験がしてみたいはず。もしそのような願望をお持ちなら援助交際掲示板などで探して、楽しんでしまうといいでしょう。

援助交際掲示板で気を付けること

援助交際掲示板をしようと思うなら、いくつかのトラップに気をつけなければなりません。やはりそうそう甘いものでもないので、きちんと予防線を張らなければ痛い目に遭います。

<美人局の可能性も…>
最近ではめっきりとその数も減りつつあるようですが、援助交際掲示板という市場が生まれた黎明期には、とにかく美人局の数が多くて、困らされた人も多いそうです。プレイしようと思えば怖いお兄さんたちが近寄ってきて、カネを請求してきます。

<性病にも注意!>
もちろん誰かとセックスする以上は覚悟しなければならないことですが、特に援助交際掲示板を日常的にしている女の子たちは、大体において何らかの性病を抱えています。かかれば厄介な思いをするだけなので、なるべくきちんと気を付けてプレイを行うべきでしょう。

<妊娠しないように…>
また女性たちにすれば、やはり妊娠というのはかなりの脅威です。セックスを楽しむのも金を貰うのも悪くありませんが、お腹の中に子を宿してしまうと事情は変わります。絶対に妊娠することがないようにケアできない人に、援助交際掲示板は向かないでしょう。
上の3つのポイントにはくれぐれも気を付けて援助交際掲示板を進めてください。それさえ押さえておけば、かなり楽しめる遊びのはずです。

援助交際は女の子達にとって強力な味方

アナタは「神待ち」をご存知ですか?
インタ-ネットを介し、女の子が男性と知り合う事が可能な援交掲示板サ-ビスの事を指しているのですが、
通常の援助交際サイトとは非常に異なる特徴を有しているのです。
それは「援交中の女の子専用援交サイト」という部分です。

利用する男性は当然、それを承知の上で登録し、それが援交中の女の子にとっても「話が早く好都合」という環境なのです。
男性達は女の子がお金や行き場に窮している事を承知していますから、実際に出会った時もとても優しく援助するのです。
そして当然、援交中の女の子に与えるのはお金だけでは無く、宿泊場所が不可欠な事も、男性達は理解していますし、だからこその「神様」なのです。
単にお小遣いを与えてくれたり、遊んでくれるだけでは無く、自宅に泊めてくれたりもするのです。
そのお礼に女の子は、そんな神様とのデ-トに応じたり、エッチしてあげたりしてするのです。
通常の援助交際掲示板でも、デ-トやエッチはありますが、宿泊場所まで考えてくれる男性は普通見当たりません。
だからこそ、援交専門に特化した援デリは、援交して本当にピンチの女の子達にとって、この上ない強力な味方なのです。
ネットカフェなどで生き先に困り茫然とした時、目の前のパソコンが神様である男性を導いてくれるかも知れないのです。
こうなれば当然、テンションも一気に上がる事でしょう。
不安な気持ちを支えて守ってくれる点でも、とても嬉しい援助交際 アプリだと言えるのです。

援助交際でのトラブル

援助交際はお金を稼ぐには持ってこいで、中には援助交際だけで年間600万以上も稼ぐ女の子もいるようです。
しかしそれだけのお金を稼ぐためには、当然ながら毎日のように見知らぬ男性とセックスをしなければならないのです。
これは普通に働いてお金を稼ぐよりも、何倍も苦痛なことだと思います。

援助交際なんて、10回やるのも、100回やるのも同じだと言う人もいますが、決してそんなことはありません。
毎日のように男性と性行為をすることがどれだけ大変か、恐らく我々の想像にもつかないことなのでしょう。
援助交際を長く続けることにより、何らかの病気にかかるリスクもあれば、男性から暴力を振るわれたりすることもあるでしょう。

そのような様々なリスクを負ってまで、援助交際でお金を稼ぐには何らかの理由があるかもしれませんが、できるだけ援助交際でお金を稼ぐ行為は止めたほうがいいかと思います。
もしどうしても、援助交際をしてまでお金を稼ぐ必要があるのならば、このようなリスクを承知の上でする必要があります。
そして何かトラブルが起きたとしても、それは自己責任だと言うことを、忘れないようにしましょう。

援助交際で稼いだお金の使い道

大声では言えないのですが、
私は過去、女子高生時代に、援交をして月40万ほど稼いでいました。

援交で稼いだお金の使い道として、
私はもっぱらブランド品を買いあさる事でした。

財布はシャネルで、バッグはグッチやエルメス。
金銭感覚が狂ったように、身の回りのものは全て、ブランド品で揃えていました。

セシルにリズリサにリップサービス、エゴイスト、どんな服でも、どんな物でも、欲しいと思った物は、いくらでもなんでも買えました。
私は特におしゃれが大好きで、洋服もたくさん欲しかったので、援交でお小遣いを稼いだら、すぐにそのお金は洋服代へと使っていましたしね。

あとは、エステに通ったり、週一で美容院へいったりと、とてもリッチな生活をしていました。

そしてお金がなくなれば、また援交して稼いで…その繰り返しでした。
だから、お金なんて稼いでも稼いでも、全然たまる事はなかったです。
それでも、そんな浪費生活が、私には心地よくて楽しくて、たまらないものでした。

確かに、中高年男性とデートなんて、本当はあまり楽しいものではないですが、でも少し耐えれば、高額な金額が手に入ると思ったら、なんとか我慢できました。
これは友達や周りの人間には誰一人として話せなかったのですが、それでもそんな秘密があっても、私にはお金が必要だったんです。

若い女性は簡単に手を出す事ではないのですが、援交自体は、非常に稼げる仕事であるという事は
事実ですよ。

援助交際で使われる言葉について

援助交際では、そのための関係を持つために、暗号のような言葉でやり取りがされていることがあります。
例えば、援助交際募集のための掲示板を見てみると、ホ別3という言葉を目にすることがあると思います。
これは、援助交際について一切知らないという人が見たとしても、何一つ意味がわからないものだと思います。

このホ別3という言葉は、実は援助交際での報酬についてかかわりのある言葉なのです。
援助交際では、その報酬にホテル代を込みにするか別にするかという問題が発生します。
そこで、援助交際の契約をする段階で、こうしてホ別、つまりホテル代は別、ということを明示しておくのです。
それに了承した男性のみが、この女性に対して連絡を取って援助交際をするということになります。

ホテル代を別にするとわざわざ明示する理由としては、中にはホテル代のことを曖昧にして、報酬を低くしようとする男性もいるということがあります。
それを警戒して、最初から女性がホテル代は別である、ということを言わなければならないのです。
援助交際を円滑に行うために、こういった暗号のようなやり取りが必要になってきているのですね。
援助交際で注意を怠ってしまえば最終的に損をするのは女性の側ですから、しっかりとした注意をすることは大切なのです。

援助交際のリスクについて

社会問題とさえ言われた援助交際ですが、昨今は絶対数も減り、少女達が犯罪に関わる件数の減少に繋がっているようです。

援助交際がピ-クだった頃は、少年達によるリンチ事件等も多発し、父親が分からない子供を身ごもる少女の数も増加傾向にありました。
性に関する低年齢化が顕著な昨今ですが、それでも少女達が自ら援助交際に走る傾向自体は沈静化している風に思えます。

援助交際がブ-ムだった頃は、少女達の避妊に対する知識認識も乏しく、「大丈夫だろう」というアバウトな考えで援助交際に走る少女達が後を絶ちませんでした。
その結果、妊娠してしまってから1人悩む少女が大勢存在していたのです。

当時の筆者の友人にも、かなり意地っ張りな援助交際をしている友人がいました。
「大丈夫」と繰り返す中、結局妊娠してしまいました。
産むつもりも育てる事も出来ない生命をひとつ、自らの手で闇に葬る事になってしまったのです。

援助交際とは、そんなリスクと背中合わせである事を、しっかりと認識しておかねばなりません。

援助交際の危険について

援交をすることで、一度に高額な金額を稼ぐ事が可能です。
もちろん、ハイリスク前提でのハイリターンになるのですが、
確実に高収入は得られます。

かといって、たやすく手をつけてしまっては、非常に危険な目に遭う可能性も出てきます。

無知のまま、お金に目がくらみ、ついていくような人もいるそうですが、援交は自分自身の体を売りにするという事なので、自分で自分を痛めつけている事になるのです。

初めは特に思う事がなかったとしても、次第に辛くなったり苦しくなったり、将来本当に信頼出来る素敵なパートナーに出会った時に、自分の持つ過去に対し、なにか後ろめたい気持ちや、後悔するハメになってしまったりもすると思います。

その時はつらいとかしんどいとか思わなかったとしても、後に辛くなる事はよくある事ですからね…。

そして、後々で両親や周囲の人間にもばれてしまい、大変な事にもなりかねません。
なにしろ、援交なので、女子高生がやっていた場合で、もし学校にもばれてしまえば、退学せざるをえなくなってしまうかもしれません。

援交は、確かに若い時にしか経験できないような事かもしれませんが、お金稼ぎにしても、もっと別の良い方法があるはずです。
若さをいかすのであれば、もっと他にやるべき事だってあるはずです!

とにかく、自分で自分の首を絞めてしまうような事は、しないで欲しいです。
そして、お金に対しては、もっと別のまともな稼ぎ方がある事を理解しましょう。

援助交際をしたことの後悔

かつて女子高生の間で流行してたバイトに「援助交際」というものがありました。
一種の流行病のように少女たちはこの高額が得られるバイトにのめりこんだもので、学校内でも「あのクラスのあの子は援交してるんだって」など援助交際の話題が普通に交わされるほどでした。
その頃は今とは比べられないぐらい全てにおいて規制が緩やかで、補導されないのをいいことに何度も援助交際を繰り返して荒稼ぎする少女もいたようです。

そんな少女もやがて大人になり、今現在どうしてるかご存知でしょうか?
彼女達は女子高生という稼げる時代を過ぎるとさっさと援交から足を洗い、多くが普通の家庭の主婦に収まってます。
筆者の知り合いにも高校生の頃に援交してた主婦がいます。その女性は高校卒業後もソープや風俗で働いてた事がありますが、結局普通に結婚して今は専業主婦です。
その主婦の夫は、自分の妻がかつて援助交際してた過去を全く知りませんし、娘も母親の過去を知らないのです。
でも、その主婦が言うには、最近になって昔援交してた事をすごく後悔してるそうです。

女子高生として援助交際してた頃はそんな罪悪感もなかったのですが、今頃になって
「若いとはいえ馬鹿なことをしたなぁ」
とても罪悪感を感じてるとか。
今はもちろん真面目に夫ひと筋に尽くしてますが、かつて自分が援助交際してた過去を記憶から消すこともできず、苦しみ続けているようです。

援助交際をした罪悪感

少し前の女子高生の間では、援助交際が流行っていました。
援助交際というのは、結局のところ売春なのですが、援助交際という言葉で悪いことをしているという思いはなかったようです。
それどころか、クラスの仲の良い子が援助交際をやっていて、それで考えられないようなお金を持っていると羨ましくなるようで、
割の良いバイトをする感覚で援助交際をする少女がいたくらいです。
その頃は、条例や法律などがまだ緩かったためか、余計に罪悪感を持つことはなかったのでしょう。

援助交際をしていた少女たちもやがて大人となっていき、援助交際から離れていきました。
そんなことをしていたことも忘れたかのように仕事をして、伴侶となる男性と出会い結婚をして主婦になるのです。
中には、援助交際で楽に稼げたことを思い、普通の仕事よりも風俗を選ぶ少女もいるようですが、
援助交際ほどは楽ではないことを知り、結局は普通に仕事をして結婚する人もいるようです。
そして、子供を持ち親となって初めて、援助交際がどれほどに罪深いことであったか気付くそうです。
もしも万が一、自分が援助交際をしていた相手と偶然会うことがあったとき、それを家族にバラされるようなことになったら・・・。
きっとそんなことはないのでしょうけど、もしもあったら・・・と考えると、途端に怖くもなるそうです。
援助交際をしていた過去があるなんてことは、もちろん旦那さんに話してもいませんから、
かつて援助交際をして家庭を持った女性たちは、一人でそんな罪悪感に苦しみながら、日々生活しているのです。

援助交際をすることで起こる問題

援助交際は、いわば女性が行う肉体労働ともいえるようなものです。
それを行い続けることによって、女性は大きな問題に直面してしまうこともあるかもしれません。
例えば、男性と関係を持つということから生まれる、妊娠や病気といった問題は十分考えられることですよね。
そういった肉体的な問題はもちろん、精神的なダメージも無視することはできなくなってしまいます。

セックスを不特定多数の男性と続けていくということには、金額に見合わないかもしれない大きなリスクがあることになるのです。
もしそこで病気になるようなことがあったとしても、その相手はわからないかもしれません。
そうなってしまえば、その問題はすべて自己責任ということで片付けられてしまうのです。

普通に男性と付き合っているということであれば、その男性と問題を共有することができますが、
妊娠や病気といった問題を一人で抱え込むということには、大きな苦痛も伴うことになると思います。
女子高生ということであれば、退学の可能性もありますし、家族にばれれば勘当されてしまうかもしれません。
援助交際をすることには、それだけのリスクがあるということなのです。
自分の身体だから好きにやってもいい、では済まされないこともあるのです。

援助交際をする若い女性

最近では、グラビア系の映像作品を拝見しても、
アンダー12などの、12歳以下の女性を対象としたグラビア姿が、
世の男性にうけるようになってきているのが現状です。

もちろん、それは一部の風潮にしかすぎませんが、
それにより、また別の一部では、かなりの論争が繰り広げられており、
『若い女性をいかにして守っていくか』という事が
協議されているのです。

そして、嘆かわしい事なのですが、
援交なども実は低年齢化しつつある状況にあるのです。
最近ですと、携帯電話を所持している中学生が大半で、
闇サイトや出会い系サイトにも、簡単にアクセスする事が可能なのです。

それにより、援交を知る事になり、バイト感覚で援交する学生がいます。
今までは、その年齢層が、大体女子高生ぐらいからという世代が普通でしたが、
むしろ今となっては、女子中学生がターゲットになっている時代になってしまっているのです。

まだ女子高生ぐらいの年代なら、体も大体成熟しているし、
万が一何かあった場合でも、逃げる事が出来るかもしれませんが、
女子中学生の場合は、まだついこないだまで小学生だったレベルです。

ですから、もし何か起きても逃げる事は難しいですし、
性に対する知識なども曖昧で、未熟なままです。

大人が守る立場にあるはずなのに、最近の風潮では、まるでそれが守られていないのが実状なのです。
援交の低年齢化は、回避しなくてはならない事なのですが、
携帯電話が広い世代で普及した事により、
ますますその風潮が悪化の一途を辿っている事も、現実問題になっているのです。

援助交際を安全に行うために

援助交際を主に行っている女性は、女子高生などの若い女性であることも多いですよね。
そのことから、男性はその女性であれば簡単に騙せると思っている人もいるようです。
相手が報酬を前払いと言ってこないならば、後払いということにして行為をして、
最終的にはお金を下ろしてくるといってその場を去り、戻らないということも可能なのです。

そのように、援助交際をする女性と男性の間には、お金に関しての問題での、様々な衝突があるといってもいいかもしれません。
ですが、どちらにとってもどちらかが不安を感じることになるのがこのお金に関しての問題です。
後払いということになれば、女性が不安を感じることになってしまいますし、前払いということであれば、逆に女性に逃げられるのではないかと男性が不安になることになります。

そういった不安を解消するためにも、中には前に一万円、終わってからまた一万円、というような取り決めをする人もいるようです。
そうすることで、お互いの不安を平等に解消することができ、納得のいく援助交際をすることができますよね。
援助交際を安全に行うためには、お互いがお互いを信頼しているというのは本当は理想的だといえるでしょう。

援助交際を行う際に気をつけること

援助交際中の女性に対し、「身体を売るなんておやめなさい」と助言すると、必ず帰って来るのがこの言葉です。
「自分の身体は何をしようと自分の勝手でしょ」。

確かに一理あります。
第三者の身体を用いて援助交際しているなら大問題ですが、自身の身体ですから全て自己責任の範疇です。
しかし、見落してはならない事があります。
もしも妊娠してしまった時、どうするのか?堕胎費用は誰が負担するのか?
この大きな問題を見落しがちなのです。

少女達にそんな貯金があるのであれば、「私の自由勝手でしょ」の台詞もまだ、それなりの説得力を有しますが、そうは思えません。
最後に誰かに頼る行為であれば、それは「自由勝手にしてはならない」事と言えます。
それでも援助交際をやめないと言うのであれば、子供は絶対に身籠らず、周囲に迷惑を掛けない事が絶対最低条件です。

援助交際は自身の身体で行うモノですから、たとえ酷い目に遭おうとも、犯罪に関わっても、妊娠したとしても、全て自己責任なのです。
援助交際のリスクをあまりにも甘く軽く考えている少女が大勢いるようですが、そんな少女達の身体を案じる人が存在している事は、忘れて欲しくありませんネ。

援助交際を始める前に知っておこう

援助交際を突き詰めて行っている人などは、一ヶ月で数十万円を稼ぐことも無理ではないといいます。
ですが、その金額に辿り着くためには、やはりそれなりの回数の援助交際をしなければならないことになります。
毎日、見知らぬ男性との関係を持ち続けて辿り着くことができる金額が、その数十万円ということになります。

しかし、その不特定多数の男性と関係を持ち続けるということには、過酷な面ももちろんあります。
経験した男性の数が数十人ということになってくれば、精神的な面でもかなり辛くなるのではないでしょうか。
そして、肉体的な面でも、妊娠のリスクを常に感じなければなりませんし、病気の可能性も皆無ではありません。

また、援助交際から犯罪に巻き込まれてしまうというようなケースもあるようです。
お金は確かに稼ぐことができるかもしれませんが、それだけ危険と隣り合わせでもあるのがこの援助交際なのです。
援助交際を行っている、行おうとしている人には、もう少しそのことを考えて欲しいと思います。
そして、一人でその問題を抱え込むことはとても大変なことだと思いますので、できれば身近な誰かに相談をしてほしいと思います。
妊娠してから、妊娠していることに気付いたというようなことでは、もう遅いのです。

援助交際掲示板の書き込み

出会い系サイト内の援助交際掲示板の役割は、言うまでもなく、援助する側の男性と、身体を売る女性との橋渡しです。
当然「身体を売ります」とダイレクトに書き込まれるハズもありませんし、そもそも違法行為である事を忘れてはなりません。
法に触れるような内容を書き込むと、結果掲示板運営者側も摘発対象になりますし、元来援助交際を煽る掲示板自体、存在してはならないのです。

そんな掲示板の持つ多様性が、時に少女達に悪用されているのも現状です。
援助交際掲示板では「身体関係を結ばねばならない」のが暗黙の決まりなので、少女達は家出少女保護の掲示板を活用します。
「絶対に身体関係を持つ必要決まりがない」こちらを利用する少女は少なくありません。

出会い系サイトの掲示板にも色々な工夫が施されていて、少女達はそれらを巧みに使い分けつつ、一番お金をくれそうな男性を求める傾向が見られます。
とりわけ家出掲示板に於いては、家出中と名乗る少女達に同情的な男性も多く、援助額も自然と高くなるようです。
そこを突く形で、敢えて家出中を装い、援助交際の相場以上を稼ごうとする少女が後を絶たないのでしょう。

援助交際掲示板を敢えて避け、援助額がより高額な掲示板を活用する手法が、多くの少女達に用いられているのです。

援助交際相手はどこで探す?

援助交際をする相手を探す場所は、援助交際目的のサイトに限定される訳でもありません。
ですから、出会い系サイトの掲示板にズバリ「援助交際希望」と書き込んで相手を待つ定番手法だけではないのが現状です。
そこには例えば「演技力を駆使した」パタ-ンも多々見受けられます。

援助交際に際しては、基本がドライな一時だけの契約関係ですから、数万円の授受だけで終わってしまい、それが縁の切れ目となります。
援助交際目的での出会いに際しては、最初から「援助交際用に準備していた金額だけ」であるのは当然です。
援助額をさらにねだる事は、現実なかなか難しいでしょう。

そこで注目されているのが「神待ち(家出)掲示板」なのです。
ここでは金額の相場という設定がありませんので、少女が必要だと訴える金額を貰える可能性があるのです。
そんな神様である男性から何とか少しでも多く貰う、複数回貰う事を目的として少女達は集い、援助交際より遥かに高額を手にする事となるのです。
「上手く行けば援助交際以上に稼げる」家出少女を演じる事で、少女達はさらに多くのお金を貰おうとするのです。

高収入をゲットできる援助交際

90年代にそのピ-クを迎え、少女達の間でのその流行が社会問題にもなった援助交際。
18歳未満との性行為は違法ですから、女子高生が援助交際する事自体、犯罪なのです。
条例により取り締まりが厳しくなったにも関わらず、水面下で現在も継続しているのが援助交際です。

事実、援助交際の掲示板は今も活発ですし、家出少女が「ホテル代別で3万円」などとあっけらかんと書き込んでいるのを目の当たりにします。
未成年が援助交際を行う事を根絶する事はどうやら不可能に近いようで、身売りに走る少女は今日も存在しています。

最盛期と比較する限り、それなりの沈静化を感じますが、それは表面上の事で、水面下では活発に行われているようです。
僅かな時間で数万円をゲット出来る「オイシイ商売」の味をしめてしまった少女達は、なかなか止める事が出来ないのです。

違法行為の援助交際は、当然取り締まるべき行為ですが、少女達の方から手を染めてしまい、抜け出そうとしない現状があります。
援助交際は非常に危険な行為である事を、彼女達が自覚してくれない限り、この状況は続くでしょうし、それはかなり先の事となりそうです。

女子高生のとき援助交際をしていた友達

私が女子高生だった時に、一番仲良くしてた友達が、援交をしてました。
その子の家は、どちらかと言うとあんまり裕福じゃなかったので、
両親は共働きだったし、いつも一人で家で留守番しているような毎日だったんですが、
ある時期から、そんな寂しさに耐えられなくなって、
バイトもかねて、援交をする事にしたんです。

私はその子に、援交の事実を初めて聞いた時、
彼女は私に『月収30万ぐらいのバイトしてるの』と言ってきました。
でもそれを聞いて私は、すぐに彼女が援交をしているんだと、勘が働きました。
彼女の家庭の事情も知っていたし、
私的には、なんとかその子に援交をやめてもらいたいという気持ちもあったんですが、
その時の彼女には、援交をする事が、彼女の精神的な癒しに繋がっている部分もあったし、
なんだかあまり無責任に『もう辞めたら?』なんて事も言えずじまいでした。

学生時代に援交をしていた子って、大体大人になっても、
そういう関係の延長線上にあるような職業に就いてたりしますよね。

なので、今振り返ってみると、やっぱり辞めさせるよう忠告すべきだったなぁと後悔したりもしています。
援交は確かにお金が稼げます。
俗に言う、“パパ”の高級車に乗って、行きたい所につれていってもらえたり、
食べたい物を食べたり、好きな物を買ってもらえたり…
かなりセレブな生活が出来ちゃう事だってあるんですよね。

でも、若さを交換条件にするには、それって安すぎると思いませんか?
だから、援交掲示板をすすめられたとしても、強い気持ちをもって、断れるようにした方が良いと思います。

そして、自分の周りにも、もし援交している人がいるなら、
迷わずとめてあげて下さい。
後々、私のように、『あの時止めておけばよかった…』なんて
後悔しない為にも…。

母親に影響され援助交際を始める少女

援助交際は売春行為ですが、そんな世界に足を踏み入れてしまう少女の中には「母親に影響された」というケ-スが見受けられます。
これは、母親がシングルマザ-で、パ-トナ-の男性を次々とチェンジする人生を目の当たりにして育った場合です。
母親の背中を見て育つ娘達ですから、自然と母親と同じライフスタイルを追い駆けてしまいます。

娘の心理として、「自分も大人になれば、母親みたいになる」と思う部分があります。
成長過程で彼女達は「自分も色々な男性を相手にして生きて行くんだ」と思い込んでしまうのです。
事実、ドメスティックバイオレンスに悩む母親の娘の多くは、自身も暴力的な男性と一緒になってしまう傾向があります。
不思議な事ですが、これも母親の背中を真似た結果が、現実になるケ-スだと言えます。

援助交際に関しても同じで、母親が不特定多数の男性と性的関係を持っていると、自分もそうなってしまうのです。
母親が「見本」「手本」となるのです。
この事から、援助交際する原因の1つが、自身の母親であるケ-スも挙げられるのです。
それに母親が気づく事が出来たのであれば、そういった行為を今からでも慎む事で、娘の援助交際を止める事が可能かも知れません。

欲しいものを買うために援助交際をする女性

援助交際は、主に未成年の女の子が行っている行為ですが、その中でも、特に中高生の女の子が多いと言えます。
しかし援助交際をしているのは、必ずしも未成年の女の子だけが行っているわけではなく、20を超えた女性でも、援助交際をしている人はたくさんいるのです。
最近では、まだ12~3歳ぐらいの女の子でも、援助交際をする子がいるそうです。

一昔前だと、考えられないようなことと言えます。
18歳未満との援助交際は、当然ながら犯罪で、最近では法律や条例(※1)の規制も強化されていますが、それでも援助交際は依然として、女の子の間で行われているのです。
さらに近年では、パソコンや携帯電話の普及により、わざわざ外に出歩かなくても、援交掲示板で簡単に相手を探すことができるのです。

これが援助交際を助長させている、大きな要因だと言えます。
援助交際をするような女の子は、家庭に問題があったり、生活費を稼ぐため、やむを得ず援助交際をするような子もいますが、大半の女の子は、お小遣い欲しさや、何か欲しい物を買うために援助交際を行うのです。
普通の人では考えられないようなことでも、援助交際をやるような女の子は、何の躊躇いもなく行うのです。

(※1)青少年保護育成条例(淫行条例とは?)
淫行条例は18歳に満たない男女との淫行、わいせつな行為などを規制する条例です。
児童の親権者による告発の場合、恋愛関係や金品などの供与がない場合でも逮捕に至るケースもあり注意が必要です。

出典:悪質出会い系サイト鑑定団-淫行条例

リスクも知っておきましょう

援助交際はお金さえあれば、簡単に若い女性とセックスをする事が出来るので、利用している男性も少なくないでしょう。
ですが、援助交際をする上で、リスクもあるという事を事前に知っておく事が大切です。
どのようなリスクがあるのか、ある一例を紹介したいと思います。
男性は若い女性が大好きで、援交掲示板で援助交際をしてくれる18歳未満の相手を探していました。

援助交際も18歳未満の女性とセックスをする行為もどちらも犯罪行為だという事は理解しています。
ですが、よほど運が悪くない限り警察にバレる事はないし、若い女性もお金が欲しくてしている行為なんだからギブアンドテイクな関係で誰も傷つける事がない、そんなふうに自分の行動を正当化していました。

ですがある時援助交際をした際に、ホテルへ行こうとしたら、女性の方がオススメのホテルがあると人通りの少ない道を歩き出したのです。女性の方がホテルのアメニティグッズなどに拘るし、女性が行きたいホテルに行けばいいと思い素直に女性の後をついていくと、いきなり男性から「俺の女に何をしているんだ」と怒鳴られました。

すると突然女性は泣きながら「援助交際に誘われて、断ったのに強引にホテルへ連れ込まれるところだった、怖かった」と言い出したのです。男性は驚きましたが、「今から警察に行くか、それとも口止め料としてお金を払うかどっちがいい」と恐喝をされました。
財布には報酬金額を支払うために、ちょっと多めに入っていた10万円を全て取られてしまいました。

後から冷静に考えたら、あんなタイミングで女性の恋人と鉢合わせするなんておかしいですよね。
男性と女性がグルになって、お金を騙し取ったのでしょう。
ですが、人通りの少ない場所で、暴力的な男性に逆らって逆上されたら怖いので、身の安全のためにはお金を支払うしか選択肢はなかったのだと思います。

リスクがあっても援助交際をしたい

援助交際と言えば、やはり女子高生ですよね。
18歳未満の女性とセックスをする事は児童ポルノ法を違反する犯罪行為です。
そのため、今まで援助交際の経験はありますが、全て18歳以上の相手を選んでいました。
ですが、援助交際を何回もするうちに、待ち合わせをして、そのままホテルでセックスし個室で金銭的なやり取りをするわけです。
援助交際がバレる要素なんて全然ないだろうと強気な気持ちになりました。

それによく考えたら、援助交際自体が犯罪行為なのだから、見つかればどっちみちアウトなわけです。
犯罪を1つに抑えるのか、2つにするのかなんて実は大差がないのでは?
そんなふうに考えるようになったのです。
それにやっぱり若い子とセックスをしたい、女子高生とセックスをしてみたいという自分の欲望に負けてしまいました。
そこで、いつも援助交際の相手を探すサイトで、相手を女子高生に絞ってみたのです。
出会い系サイトは18歳未満は利用出来ない事になっていますが、それは表向きの話で実際には女子高生はたくさん利用しています。

自分も好みの女子高生を見つけ、援助交際の約束を取り付けました。
待ち合わせの場所にきた女子高生は、まだちょっとあどけないぐらいの女の子で、Hとは無縁な容姿をしています。
本当にこんな子が援助交際をしているの?と驚いてしまうぐらいです。
ですが、援助交際を1年以上続けているらしく、実際にセックスをするとこの年でそんなにセックスに慣れているの?
とこっちが驚いてしまったぐらいです。

特にフェラが絶品で、思わず口の中に出してしまいました。
普通女性は恋人同士でも、口の中に出されてしまうと、嫌な顔をしてしまう子もいますよね。
ですが、その女子高生は嫌な顔ひとつせず、全部飲んでくれました。
多少のリスクがあっても、女子高生と援助交際をする価値は十二分にあると実感しました。

恋人には出来ない事も?!

援助交際でするセックスと恋人とするセックスには違いがあります。
それは援助交際では、恋人とするセックスでは出来ない体験が出来るという事です。
これはある男性の援助交際体験談です。
男性は出会い系サイトで知り合った21歳と女性と、援助交際をしました。
女性は援助交際に慣れているようで、テキパキとしていて、まるで風俗嬢のようでした。
男性は慣れている女性は嫌いではないので、一緒にお風呂に入り、身体を洗ってもらいました。
もちろん、念入りに男性器を洗ってもらい、お風呂で一回イッてしまいました。

女性はセックスではSっ気があるという事で、自分がセックスをリードしたいと男性が下になる事になりました。
男性としても別にMっ気があるという訳ではないのですが、普段のセックスでリードされる事も、下になる事もありません。
なので、初めての体験にドキドキしました。
下だから騎乗位をしてもらえるのだろうと思っていたら、男性の予想の上をいきました。
なんと女性は、男性をよつんばにして、アナルを舐めたのです。

当然ながらアナルを舐められるなんて初めての体験です。
こんなところを舐めるなんて汚いという常識的な考えも、忘れてしまうぐらい羞恥心と快感を得る事が出来ました。
なかなかセックスで男性がこんなに恥ずかしい思いをする事もなく、羞恥心でますます身体が敏感になるんだという事を知りました。

もちろん、挿入行為もしましたが、一番印象に残ったのはアナルを舐められた事でした。
フェラとは全く異なる快楽でこんなに感じるなんて思ってもいなかったのと、アナルプレイにハマってしまっても、アナルを舐めてくれる女の子なんて今後出会う事が出来るのか?という、知らない方が良かった世界を知ってしまった気分です。

援助交際はオヤジの方がモテるってホント?

女性はいくらお金をもらってセックスをするにしても、加齢臭がするオヤジよりも20代30代の若い男性相手の方がいいのでは?
オヤジはモテないのでは?そんなふうに40代50代のオヤジは心配しているかもしれません。
ですが、援助交際に限らず若い女性の間でオヤジがモテているって知っていますか?
福山雅治なら40代でも十分モテるだろうけど、お腹が出て頭が薄くなって、加齢臭がしているオヤジはモテるわけない。
そう思いますよね。

ですが、若い女性の中にはファザコンの女性も少なくありません。
年上の男性なら安心して甘える事が出来、しかも若い男性はまだ経済力がありません。
結局のところ援助交際では、報酬金額がモノをいう世界です。

例えば1回のセックスで若い男性とセックスをし、1.5万円稼ぐのと、オヤジとセックスをし3万円稼げるのでは後者を選ぶ女性の方が多いでしょう。
それにセックスの内容だって若い男性とオヤジとでは違います。

若い男性はガツガツして、女性は体力を消耗してしまいますし、男性は独りよがりのセックスで自分が気持ちよくなる事しか考えていません。特に援助交際の場合は、客という立場なので、尚更その傾向があります。

対してオヤジは1回射精してしまうと、なかなか回復力がありません。
そのため何度も射精する事が出来ないので、ガツガツではなく、ネチっこいセックスをします。

女性を焦らして、念入りに前戯をして、女性の身体が十分に高まったところで挿入行為をするため、女性も男性も気持ちよくなる事が出来るのです。お金をたくさんもらえて、セックスが気持ちいいわけですから、オヤジの方に軍配があがっても少しも不思議はありません。

援助交際ではオヤジの方がモテますから、やる前から無理と諦めず、若くて可愛い子をターゲットに狙ってみましょう。

援助交際をすれば自分好みに仕上げられる?

援助交際というとセックスに慣れている女性が多いというイメージですよね。
何しろ援助交際をしている事で、いろんな男性とセックスをして経験を積んでいるわけです。セックスにも慣れて上手になるでしょう。
ですがそんな中で出会った20代の女性は、援助交際を始めてからまだ日が浅く、セックス経験は今まで付き合ってきた恋人1人だけでした。
その恋人とは、正常位を基本としたノーマルなセックスしかしていないようで、フェラの経験すらありませんでした。

ですが、援助交際でお金を出してセックスをしている以上、女性にフェラぐらいはしてもらいたい、そんな気持ちはありますよね。
なので、女性の初体験のフェラを奪う事にしました。
といっても、セックス経験も少なく、初めてのフェラで、フェラが上手く出来るわけもありません。
最初は歯を立てられて痛いし、気持ちがいいポイントには全然触ってくれないしで、全然気持ちよくなれませんでした。

ですが、運が良かったのは、その女性とは1回限りの援助交際ではなく、定期的に会う援助交際だったという点です。
そのため初めての時は上手く出来なかったフェラも、毎回仕込んでいくうちに、自分好みのフェラが出来るようになってきました。

女性の方も最初は、苦しいだけの行為だったフェラが、最近では気持ちよくなってきたようです。
フェラが上達した事により、男性もフェラで感じるようになり、我慢汁が出るようになりました。
その我慢汁のおかげで、滑りがよくなり、女性の口のいいところに当たるようになったようです。
口の中にも性感帯はありますよね。
女性は我慢汁が出て来たら、フェラが気持ちよくなる事を覚えて、積極的にフェラをしてくれるようになりました。
自分が仕込んだからこれだけフェラが上手くなったのかと思うとちょっと誇らしい気持ちになりますよね。

セフレを作れるらしい

あなたは恋人とセックスをする時にクンニをしていますか?
前戯にあまり時間をかけないという人は、指で挿入しやすいように解す事はあってもクンニはしていないのではないでしょうか?
しかし、女性は挿入行為よりもクンニの方が感じるという人が実は多いのです。
男性は、クンニがどれほど気持ちいいのか体験できないので分かりませんよね。
ですが、男性がフェラが好きなのと同じように、女性もクンニが好きだと認識しておけば間違いないでしょう。

でも男性はセックスの最中にフェラがしてもらいたければ、フェラをしてとお願いする事は可能です。
ですが、女性の方はセックスの最中にクンニをして欲しくても、クンニをして欲しいとお願いする行為自体が恥ずかしくお願いする事が出来ません。そのため、やってもらいたくてもしてもらえないと欲求不満の女性が多いのです。

それに男性自身もクンニをするのが楽しいと思えるのではないでしょうか?
慣れないうちは、味や匂いが苦手と感じる男性もいるかもしれません。
ですが、クンニをすると、他の箇所を舐めるよりも女性がもっとも感じてくれる場所です。
つまり女性が感じて乱れてくれるので、乱れる様をみたいと思ったらクンニをするのが1番です。
それにセックステクニックを磨くといっても、急に上手くなれるわけではありませんし、セックス全体のスキルアップを図ろうと思ったらかなり難易度が高いと言えます。
ですが、クンニなら確実に女性が感じる性感帯で、しかもクンニに特化して練習をしたら、それだけでセックスが上手と女性から思われる可能性が高いのです。

そしてセフレを募集する際に、クンニをするのが大好きだから、クンニをさせてくれる人はいませんか?
そんな募集をすれば、かなりの応募が期待できるはずです。

【援助交際サイトの感想を投稿する】

1
2
3
4
5

援助交際サイトを利用した感想

送信する

評価の平均:  

 0 レビュー

家出少女探すにはナイスです

援交 援助交際サイトとは?

援助交際にも悪いものと良いものがあります。悪いものとは、つまり未成年者に対するものですが、これはやはりリスキーなので避けた方がいいでしょう。後者の女性との援助交際ならまったく問題はありません。どんなところが刺激的なのか、・・・

援交サイトとゲームサイトの関係

援デリ体験談 援交

男女が出会う機会を提供する場所には、援助交際の可能性が発生します。つまり最近流行中の援交サイトもその例外ではありません。むしろ、いろいろな援交サイトで規制がきつくなっている今、この手の援交サイトでは特に援助交際が放置され・・・

ページの先頭へ