相手へのメールは、どのような内容なら、好印象を与えられるのか。
もちろん、これは相手によって違ってきます。
同じ内容でも、好印象を持つ人もいれば、あまり印象に残らない人もいます。
なので、こればっかりは仕方がないので、最低限のことは絶対に守るようにしましょう。

例えば、自慢話や自分のことばかり書いたメールは、当然ながらNGです。
逆に、相手を質問攻めにするのもダメです。

次に、メールの内容だけでなく、メールの見た目も重要です。
全く改行がされてなく、キツキツに書かれた、非常に読みづらいメールだと、いくら内容が良くても、悪い印象を持ってしまいます。

また、短いメールはダメですが、あまりに長すぎるメールだと、相手も読む気をなくしてしまいます。
このように、メールの見た目が悪いと、どれだけ素晴らしい内容でも一発でガタ落ちさせてしまうのです。

なので、とりあえずは、まずはメールの書き方や、基本的な知識をマスターするようにしましょう。
最初からいきなり、高品質な内容や、魅力に感じるようなメールを書く必要はありません。

関連記事