出会アプリで実際に出会いを実現させるためには、相手に送るメールやプロフィールはできるだけポジティブにしておく必要があります。
決して出会アプリでネガティブな印象を相手につけてしまっても、良い展開には転がりません。
同情を惹こうとして、こういったネガティブフレーズを並べても、それを買うことは出来ないものなのです。
相手にも目的があり、自分にも目的がある。
お互いにwin-winの関係にあってこそ、初めて会いたいと思うのは当然ではないでしょうか。
こういったことを考えた時、出会アプリでは、絶対に使ってはいけないタブーフレーズというものがあります。
例えば、生まれてこの方女性と付き合ったことがありませんといったようなことや、彼女と別れて○○年ですといったもの。
友達も彼女もいないから寂しいよといったようなもの。
日頃の生活ではまったく出会いがありませんといったもの。
容姿には正直自信はないですといったもの。
他にもとにかく暇といったようなものなどなど。
こういったフレーズは全てネガティブに受け取られることになります。
女性というものはその本能的にも、他人がいいというものを欲しがる傾向が強いのです。
特に暇というのは、本当にプライベートの充実度が低く、人間性も低いと思われるため、使わないことを強くオススメします。
男性の場合には、マイノリティーを求める傾向が強いですし、それが格好いいとさえ思ってしまいがちなのですが、女性はそうではないのです。
女性のほとんどはマジョリティーです。
それは女性の行動を見れば一目瞭然です。
可愛いと一人が言えば、周囲にいる女性はみんな可愛いというでしょう。
ですから出会アプリでは、モテるという風にはする必要はありませんが、モテないとか自信がないといったようなネガティブなことは必要以上に言う必要はないのです。

関連記事