「オタク」といった言葉が登場した当時よりオタクは市民権を得たということができます。
秋葉原は「オタクの聖地」として人々に知られていますしAKB48みたいな秋葉原を根拠にした文化も少くなくないのです。
それならであいがない タイミングに多い行動パターンについて紹介したいと思いま。
1つ目 やたらと執着心が強い。
2つ目 現実的の世界にさほど関心がない。
3つ目「リア充爆発しろ」なんて普段から考えている。
4つめ 2ちゃんねるを常に意識している。
5つ目 3つ以上のゲームを常に同時進行で行っている。
1というのはオタクの基本となる特徴だと言えます。
行動というよりむしろ性質といった方が近いと思いますが自分が興味を持ったモノにはかなり執着するのです。
2は現実の社会に関心がないので政治とかサッカー代表がどうなっているかどうでもいいと思っています。
だから世界情勢に無頓着ということが出来るでしょう。
3についてはオタクにとってはもはや呪文といってもいいと思います。
「クリスマス中止のお知らせ」も「リア充爆発しろ」と似たような意味だと思って間違いありません。
4の場合オタクでもネット中毒の傾向がある人に多いと言えます。
2ちゃんねるから全ての情報を得ていると言っても過言ではないのです。
5はこの頃のであいがない タイミングの特徴とも言えます。
プレステ3みたいな据え置き機とPSP・DSなどの携帯機にプラスしてネットゲームや携帯アプリのゲームも同時進行でやっているのです。
つまりある意味かなり器用といってもいいと思います。
であいがない タイミングは常時進化をしているので
ある意味「最先端」なのだと言えます。

関連記事