出会系サイトの総数は、ここ数年で急激に増しました。
技術の進歩も手伝って、誰でも簡単にサイト開設できるようなツールが広く利用されているからでしょう。
サイト運営にかかるコストを削減するためのノウハウが確立したことで、少数精鋭でも大規模なサイトを立ち上げることができるようになりました。
しかし現状はと言えば、サイトの利益を上げるためのアイデアは、無料出会系サイトの利用経験がない人を故意に新規登録へと駆り立てたり、無料と謳っておきながら実際の利用にはお金が必要だったりと、ビギナーの足元を見るようなやり方が目立ちます。
出会系サイトではお約束の「サクラ」なんかは、ご丁寧に一人ずつ個別登録されているサイトもあれば、明らかに複製しているサイトもあります。
複製している場合は、会員数の水増しをするために、一人の会員データをコピーして何人ものダミー会員を作ります。
たとえば活動エリアが新潟県にあったはずのYさんが、同時に静岡県にも存在していたりします。
サクラから送られてくるメールにも同じことが言えます。
出会系サイトに登録し終えたら、まずサイトから登録完了のお知らせメールが届くと思います。
エントリーしたてのドキドキ感も覚めやらぬうちに、魅力的な女性からメールが届いたらどうでしょう。
届いたメールに「新着ユーザーから見つけました」なんて書かれてあったら、うっかり信じてしまうこともあるのではないでしょうか。
サイト運営にかかるコストをなるべく軽減するために、こうしたフェイクメールを自動配信にしているサイトもあります。
そうして無駄な努力をすることで、お金をかけずに運営できるんですね。

関連記事