この頃は出会いサイトで出会った人とメールで済ませる事が多くなりました。
メールはとても簡単ですし相手の顔を見ないで好きなことを言えるからとても楽だと言えます。
しかしきちんと相手に伝えたいことがある場合は実際に顔を合わせたりもしくは電話で伝えた方が効果があります。
中でも用事が出来てデートをキャンセルすることになった時にはメールではなく電話をしてしっかり謝った方が相手に気持ちが伝わります。
どうしてメールで用件と伝えてはいけないのかと言うと次の点を挙げることが出来ます。
1つ目 送信エラーで相手に届いてないケースがある。
2つ目 文字のみで感情を伝えるのは難しい。
3つ目 なかなか連絡が出来ないケースがある
1から3のケースが多いと思います。
約束の場所や時間といった簡単な内容ならメールで連絡してもいいと思います。
しかし、仕事でデートをキャンセルする場合はメールで済ませると角が立つ場合があるのです。
どうしても電話する時間が取れない場合は、「あとで電話をするから今日は本当にごめん」としっかり誠意を伝える必要があります。
その後に絶対に電話で連絡を入れるようにして下さい。
メールより電話がいいと言うことではありませんが声のトーンで相手に感情を伝えることが出来ます。
メールは言葉だけだから気持ちを伝えるのは困難なのです。
あと顔文字・絵文字を使用しない人の場合はさらに素っ気ないと相手は思うでしょう。
なのでそんなデートのキャンセルといった用件はメールではなく電話をするのがマナーです。

関連記事